ARCHIVE  ENTRY  CATEGORY  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

REDIE




沖縄県知事選挙ですね。

この選挙が島を何某達に占拠されるプロローグとならないよう切に願っています。

島を赤く染めるのは、夕日とハイビスカス、そしてデイゴの花だけで十分だ。







OKINAWA JAPAN.




Light Rod











Loafed and Lost Time




概ね何も浮かばない時に浮かんだものは浮かばれる事の無いものばかりだということだ。






きっと猫には煩悩という概念は無いないんだろうな。

叶わない夢など無いから寝ていられるんだと思う。



.....。



寝よ。



tes












AN-FU



世の中は驚きがいっぱい。

あちらこちらで「当たり年」という会話が聞こえてきます。







嵐の前の静けさ、というより今現在快晴。

備えあれば憂いなし。

どうぞ出来る限りの台風対策を。












Shoe tossing





あーした天気に、、、





あ、、、、

台風。。



て訳じゃないだろうけど、何かこういうの久々に見たなぁ。

アメリカンだなぁ。



それにしても、大雨だけは勘弁してほしい;







万人一人



もれなく、






ですな。


せめてこれをあと1年にしないと。









人間はたった三色のものでしかなかった。

人間どころか、この世が三色で出来ている。

あの世はどうだか知らん。



加法混色、プラス音。
減法混色プラス白と黒。そして音。

そんな生活を始めて14年が過ぎました。






あぁ、酒飲みてぇ。





HOT ROD CUSTOM SHOW 2014







横浜ホットロッドカスタムショー。

これまでパシフィコ横浜にて行われてきた同イベントですが、今後の開催が危ぶまれている状況のようです。








主な原因は会場外での騒音とのことで、今後イベントが存続出来るかどうかは今年の開催結果次第のようですが、主催者側の労力を根こそぎ無駄にする会場外での良識の無い行為の為にこのようなイベントが縮小、または無くなってしまう可能性があるのは非常に悲しい事です。


下に紹介する記事にも書いてありますが、こういったカスタムカー、バイクに興味の無い人にとっては、本当にどうでも良い世界、カルチャーかもしれません。

しかし、このカスタムの世界を楽しみに生きている人もいるのです。
私もその一人。


詳しくは、HCS2014 情報/HCS2014 Information ←をご覧下さい。




カスタムの世界に終わりがあってはなりません。
どの場所に行っても冷めた目で見られることの無い、堂々とした一つの文化にしなくてはなりません。
一部の流行り者の為に無くなる世界であってはなりません。萎縮したものにしてはなりません。

個人でも自由に、過激に表現、創造できるのはモラルというマニュアルの無いルールあってのものだと個人的に思います。

大袈裟な言い方かもしれませんが。


私もローカルで小さなイベントを開催したりしていますが、いくら小さいとはいえ、やはり周りの人達のマナーある協力は必要不可欠です。
このような世界レベルのデカイイベント、地方、それも海を越えて行かなければ見ることの出来ない者にとっては、現地周辺、または陸続きの土地に住んでいる人達の事をどんなに羨ましく思っている事か。
仕事でも遊びでも、恵まれた環境で本当に羨ましい。


いろんなジャンルの物語を上映する映画館へ自分が好きな映画を観に行くのに、他人の邪魔になるくらいの仮装をして会場へ行くのはどうなのか。
主人公になりたいなら役者になればいいのに。
下積みを経て。


人生レベルで本当にこの世界が好きなら、迷わず存続に協力出来ると思う。












Rainy season.



夜中にパラパラ降り出したかと思えば朝方からひどいドシャ降りになったので何だこれはと思っていたら、沖縄地方梅雨入りとのことです。

昨年引っ越したウチの工房、雨漏り&浸水する箇所があるので梅雨入り前に対策しておきたかったのですが、日々のドタバタでまったく手を付けられず。。
いやぁ、まいった。

かといって、それはこれでいかんともしがたい現状なわけで。

困ったもんだ。












静と動














みつお君おめでとう。









TEAM ARAI RACING SERVICE 復活。





























ギアはバックでも進んでいるのは前だ。


坂道かかってこい。





ISM-ARTWORKS (c) 2011